News

2021/5/13 | Event

オンラインフットボールクリニック by Corey Liugetを開催

オンラインフットボールクリニック by Corey Liugetを開催

<イベントレポート>

 

特定非営利活動法人相模原ライズアスリートクラブとのパートナーシップのもと2021年5月1日に現役NFL選手のコーリー・リージェ選手を招聘し「オンラインフットボールクリニック by Corey Liuget」を開催しました。株式会社Cleair社様のご協賛のもと四回にわたって行われたイベントは今回が最終回となりました。コロナ禍において活動が制限される状況のなか、学生選手に少しでも本場のアメリカンフットボールを学ぶ機会をオンラインにて提供できればとの想いで本社会貢献企画を昨年から催行してきました。

 

イベント直前にご家族に不幸があり、急遽米国からエチオピアまで行かなければならないアクシデントがあったので、イベントを中止することも検討しましたが、同氏は「私のために集まってくれる学生達に対して約束を守りたい」と男気を見せ、困難な状況なかでも同地から参加してくれました。イベントでは選手としてのあり方、フットボール哲学、ならびにディフェンシブ・ラインとしての技術などについて回答頂き、試合映像の分析解説に加え、最後は参加者の中から選出されたパネリストとインタラクティブなやりとりもしてもらいました。

 

本イベントは四回目にして初めて現役選手を呼びましたが、本場アメリカのNFL選手や現役指導者を招聘したエジュケーショナルなイベントは国内でも珍しく、学生がアメリカ人から直接指導を受けられることは画期的だったと思います。学生の皆さまには学んだことを糧に選手として更なる飛躍を期待したいと思います。

 

Liuget氏プロフィール:
リージェ氏は2011 年にNFL一巡指名でサンディエゴ・チャージャーズ(当時)に指名され、同年ルーキーシーズンから主力として活躍し、二年目の2012年には61タックルの華々しい活躍でチーム最優秀守備選手として表彰されました。NFL通算124試合に出場しており、2015年には同球団と約3000万ドルの大型長期契約を結んだほどの大物選手です。2018年まで同球団に在籍した後、数球団を経て2020年シーズンはヒューストン・テキサンズと契約し、現在はフリーエージェントとして現役続行を目指してトレーニングに励んでおります。社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、個人的には心臓病を患う子供達を支援しています。そのような取り組みが評価され、過去にはフィールドの内外で活躍した選手に贈られる「ウィルター・ペイトン・ マンオブザイヤー賞」にノミネートされたこともあります。